トップページ > ゲームパソコンの基礎知識

ゲームPCの基礎知識

はじめに

この項目ではPCゲームやオンラインゲームをプレイする上で関係してくるパソコンの性能と動作環境について解説します。

PCゲームをプレイする上で重要なのはパソコンの性能で、その性能を決めることになるのがパソコンのパーツです。パソコンの性能によってはゲームがインストールできなかったりプレイすることができないことがあるので注意が必要です。ここではゲームに関係のある基本的なパーツについて簡単に解説をしたいと思います。

筆者所有のパソコン本体の内部。色々なパーツが配置されておりパッと見ただけではよくわからない。

OS

OSとはオペレーティングシステムの略でWINDOWSの場合はWINDOWS XP、WINDOWS 2000などがあります。OSには他にMAC OSやLinuxという種類もありますが、ほとんどのパソコンゲームはWINDOWS用として販売されています。

WINDOWS 98などの古いタイプのOSを利用している場合、最新のゲームが動作しない場合があるので、ゲームを購入する前に動作環境のOSの部分を確認しましょう。

MicrosoftのWINDOWS
PCゲームのほとんどがWINDOWS用に作られている。

CPU

CPUとはパソコン頭脳ともいえる部分でコントロールや演算を行う最も重要な部分です。
一般的なパソコンに使われているCPUの製造メーカーは2つで

メーカー名 主なCPUシリーズ
INTEL(インテル): Pentiumシリーズ(ペンティアム)
Celeronシリーズ(セレロン)
AMD(エーエムディー): Athlonシリーズ (アスロン)
Sempronシリーズ(センプロン)

このどちらかの会社のCPUが搭載されている事がほとんどで、各シリーズの中で色々な種類に分かれています。主にデスクトップ用に使用されるPentiumシリーズとAthlonシリーズのCPUを例に挙げてみます。

CPUはこんな形状をしている。パソコンの頭脳となる重要なパーツだ。

左から順に新しく高性能になっています。

Pentium
シリーズ:
Pentium > Pentium2 > Pentium3 > Pentium4 > Pentium4 HT > Pentium D
Athlon
シリーズ:
Athlon > Athlon XP > Athlon 64 > Athlon 64 FX

CPUのメーカーと種類のほかに2.5GHzや800MHzという数値の記載があると思います。
これはクロック周波数というもので、同じCPUであれば数値が高いほど高性能といえます。

単位としては1000MHzで1GHzと記載されるので最低動作環境が1GHzと記載されているゲームを
プレイしたいときに自分のCPUの数値が800MHzの場合は最低動作環境を満たしていない為、
ゲームが動作しないということになりますので注意しましょう。

メモリ

コンピューターの作業に使われる記憶装置です。
勉強する机の上を想像するとわかりやすいと思います。
メモリが少ない=机が狭い状態だとたくさんの仕事を同時こなすことができません。
最低動作環境のメモリ容量を満たしていない場合、ゲームが起動できなかったりゲームが途中で固まってしまうこともあるのでゲームを購入する際は必ず確認してください。

メモリはパソコンの作業に使われる記憶装置で容量が多いほど快適だ。

ハードディスク

コンピューターのメインとなる記憶装置です。
勉強机で言うと物を整理する引出しにあたる部分といえます。
このハードディスクにWINDOWSなどのOSも保存されています。

動作環境には主にハードディスクドライブ空き容量7.0GB以上という記載がされています。
これはあなたの使っているハードディスクに7.0GB以上の空きスペースがないとゲームソフトのインストールができないという事を意味します。インストールができないということはゲームをプレイする事もできないということなのでゲームを購入する際は動作環境を確認しハードディスクの空き容量を確認しましょう。

ハードディスクはメインとなる記憶装置で色々なデータを保存する役割がある。

グラフィックカード

グラフィックカードとはディスプレイに映し出される画像を描画する装置の事でビデオカードと呼ぶこともあります。
ハンゲームなどのWEBで遊ぶゲームのように描画が複雑でないゲームをプレイする上では特に気にする必要はないのですが、主に3Dを使ったゲームをプレイする際には注意が必要です。
3Dゲームをする上で動作環境を満たしていない例で最も多いのがこのグラフィックカード関係でCPU、メモリ、ハードディスクは最近のパソコンであればある程度の容量が搭載されているので、古いパソコンを使用していたり、余程のハイスペックを要求する3Dゲームをするという事でなければ動作環境に満たないというケースは少ないのです。

しかしこのグラフィックカードはクセモノでメーカー製パソコンにはグラフィックカード自体が搭載されていないモデルが多く、またグラフィックカードの拡張ができないタイプも多いのでその場合はパソコン自体を買い換えるか、ゲームをあきらめるかという厳しい2択になってしまう為、ゲーム購入の際には特に注意して確認する必要があります。

グラフィックカードは画像の描画に使われる。ゲームでは特に重要なパーツだ。

グラフィックカードの製造メーカーとしては主に2つの会社があります。

メーカー名 主なグラフィックカード
nVidia(エヌビディア): Geforceシリーズ(ジーフォース)
AMD(エーエムディー): RADEONシリーズ (ラデオン)

CPUと同じようにシリーズの中で色々な種類があり、シリーズの数字が上になるほど高性能と言えます。

最後にグラフィックメモリ(VRAM、ビデオメモリ)というスペックがあります。
こちらはグラフィックカードにおける記憶装置の事で数値が高いほど高性能です。
メモリ容量は32M、64M、128M、256M、512M と分かれているので動作環境を確認して必要メモリを搭載したグラフィックカードを選択しましょう。

サウンドカード

サウンドカードとは名前の通りパソコン上で音を鳴らす為に必要な装置です。
最近のパソコンにはマザーボード自体に動作環境を満たしたサウンドカードが搭載されている事が多いのでサウンドカードの項目で動作環境を満たさないという例はあまりありませんが、念のためチェックは必要です。

サウンドカードは音を鳴らす役目をする。良いサウンドカードを使うとゲームの臨場感がかなり増す。

LANカード

オンラインゲームをプレイする上で必要です。
最低環境として56kbps対応モデム相当以上と記載してある事が多いですがブロードバンドが普及した現在、56kbps以下のモデムを使用している人は少ないと思います。
アナログモデムやISDN接続を使ってインターネットに接続している方もおられると思いますがオンラインゲームをする上では常時接続環境が整っている事が望ましいです。

インターネットに接続するためのLANカードは写真のマザーボードに内臓されている事が多い。

光学ドライブ

CD-ROMドライブやDVD-ROMドライブの事を指します。
ゲームソフトの媒体としてCDーROMとDVD-ROM、2種類あるのでDVD-ROMの読み込めないドライブを搭載したパソコンを使っている人はDVD-ROMメディアのゲームを誤って買わないように注意しましょう。

ゲームのインストールに光学ドライブは欠かせない。CDかDVDか確認しよう。


周辺機器

基礎知識と選び方

動作環境

ドライバ

スポンサードリンク