トップページ > ゲーミングマウスの選び方

ゲーミングマウスの選び方

マウスを選ぶポイント

このコーナーでは実際にマウスを選ぶときのポイントを解説します。
上から順にSIGUMAがマウスを選ぶときに見るポイントとしての重要性が高くなっています。

マウスのフィット感

マウスを選ぶときに何よりも重要な事はそのマウスの形状が自分の手にフィットするかどうかです。外人の手のサイズを基本として作られているマウスもあり、手の小さな人にはフィットしにくいモデルも存在します。どんなに最新かつ高性能のマウスを購入しても、自分の手にしっくりくる物でなければその性能も活かしきる事はできません。
それを確認する為にもできれば展示品を触れるお店に行くと良いでしょう。

  • とにかく高性能だがちょっと持ちにくいマウス
  • 性能はやや劣るが手にジャストフィットするマウス

この2つの条件で迷うようであれば下のマウスを選んだ方が良いといえます。

マウスの重さに関しては軽すぎるマウスを選ぶよりも多少重いマウスを選んだほうが、安定した操作を行う事ができると思います。

筆者の現在使用しているLogiteck社製 MX518
人間工学に基づいた形状をしており手にしっかりとフィットする。

ボタンの位置、操作感

次に見るべきなのはボタンの位置と操作感です。
こちらも先程の項目と似ていますが、直接マウス操作に関わってくる部分なので重要な要素といえます。

ホイール

マウスホイールもマウスによって色々な違いが有ります。
まずホイールのクリックに関してですが、かなり深くまでホイール押し込まないと認識しないものや少しの押し込みで認識してくれるものとがあります。

次にホイールスクロールに関してです。
まったく抵抗がなくホイールがクルクル回転するタイプ、一区切りごとにカチっと止まってくれるタイプがあります。性能に差はないので好みの問題になりますが、ゲーム用途として考えた場合、個人的にはホイールに抵抗があるタイプをお勧めします。

最後にホイールの位置も重要です。
マウスによってはホイールがかなり遠い位置に配置してあり、手の小さい人だと指がうまく届かずスムーズにホイールを回せない事があります。この点も注意してください。

またチルトホイールという名称のホイールもあります。
通常のホイールは上下スクロールしかできないのに対し、チルトホイールは左右へのスクロールもできてしまう特徴を持っています。ゲーム用途ではそれほど関係はありませんが、大きなWEBページをみたり画像データを扱う人は選択の候補にいれてみても良いと思います。

サイドボタン

サイドボタンはマウスによって位置や押す感覚も違います。
性能には特に差がないので触ってみてしっくりくるものが良いでしょう。

マウスを「つかむ」持ち方。
手のひら全体でマウスを包み込むように握る。

マウスを「つまむ」持ち方。
5本の指をマウスに立てつまむように持つ

MX518のサイドボタン
押しやすい位置に配置してありクリック感も良い。

読取方式

現在発売されているマウスの9割以上は光学式かレーザー式に分類されます。
最新のマウスほどレーザー方式の読取装置を採用しているケースが多いです。
確かにレーザー方式は性能では一番ですが、一部のマウスパッドとの相性で読取制度が落ちるという報告もあるようなので、事前に確認しておいたほうが良いと思います。

ボールマウスに関しては選択肢も少なく他の方式に比べてメリットが余り感じられないので選択候補から外して良いと思います

Logicool社製 G5
読込方式にレーザーを採用し高い性能を持つ。

接続方式

接続形式についてはまず有線接続かワイヤレス接続かで分かれます。
最近は性能の良いワイヤレスマウスも出てきているので通常のゲームプレイであれば問題はないのですがFPS等の特に動きが激しいゲームをプレイする際は性能の低いワイヤレスを使用しているとマウスの激しい動きに読取が追いつかず思い通りの操作が行えないことがあるので有線マウスを使うか性能の高いワイヤレスマウスの使用をお勧めします。

マウスボタン数

マウスボタンが変な位置に配置されているということでなければ基本的にボタン数の多いものを選んでよいと思います。
ボタン数が増えることで空いているマウスボタンにRPGでいえば魔法やスキル発動のショートカットを配置したりFPSゲームでいえば各武器への切替をマウスボタンに割り当てることもできるので非常に便利です。

解像度

解像度を選択肢に入れるかどうかは自分がどのようなゲームをプレイするかによります。
激しい操作をするFPS、アクションゲームや、精度の高い操作を必要とするゲームを主にプレイする方は高解像度のマウスを選ぶことによりその高い性能を発揮できると思います。
逆にまったりとプレイするテーブルゲームなどを主にプレイする方はそれほど高解像度の恩恵を感じることができないかもしれません。
ですが解像度が高いことによってデメリットがあるという事ではないので特に上記のようなゲームをプレイするという方でなくても問題はありません。

Razer社製 CopperHead
高い解像度と高リフレッシュレートを実現している。

リフレッシュレート

0.1秒の反応速度が関係してくるFPSゲーマーであればリフレッシュレートを高く設定できるマウスを選ぶ価値は高いと言えます。
ですが一般的なプレイヤーであればリフレッシュレートに関して特に気にして選ぶことはないと思います。

最後に

マウスには性能や価格、デザインなど様々な種類のものが存在します。
その中から自分に合ったマウスを見つけるための参考として読んで下さい。

また有名プレイヤーのハードウェア使用例や実際に製品を使っている人のユーザーレビューもハードウェアを選ぶ際に大変参考になります。当サイトにはユーザーレビューコーナーを設置してありますのでそちらで実際に製品を使っている方のレビューを参考にしてみてください。

次のページでは現在発売されているマウスの中からSIGUMAがセレクトしたゲーム用途に適した製品を紹介します。


周辺機器

基礎知識と選び方

動作環境

ドライバ

スポンサードリンク