トップページ > 液晶モニター・ディスプレイの基礎知識

液晶モニター・ディスプレイの基礎知識

はじめに

モニターは大きく分けてCRTモニターと液晶モニターに分かれます。

CRTモニターは大きさの問題などから最近は出荷台数も減り、新製品はほとんど液晶モニターになってしまいましたが液晶モニターの応答速度の問題などから FPSなどをプレイするゲーマーの間では依然としてCRTモニターを使うユーザーが多数を占め、大会などでもCRTモニターが採用され続けてきました。

しかし液晶モニターの性能向上により応答速度の問題もなくなりつつあり、大きな大会でも液晶モニターを採用するケースが増えてきました。通常であればここで CRTモニターの解説も行いたいのですが、新製品として発売されているCRTモニターもほとんどない為、液晶モニターの解説のみ行っていきたいと思います。

最近は数が減っているCRTディスプレイだが今でもFPSゲーマーには人気が高い。

モニターサイズ

モニター画面のサイズです。
単位はテレビと同じくインチで記載されていてサイズに比例して価格も上がります。

液晶パネル

液晶モニターに映像を映し出す役割を持っているのが液晶パネルで、主に3種類の方式が使われています。

TN方式

3つの中では最も古くからあるタイプの液晶パネルで、安価な液晶モニターに多く採用されています。 応答速度が速いのでゲームに向いていますが、視野角が非常に狭いので見る角度が少し変わってしまうと色合いや変わってしまいます。
また全体的に輝度が高く目が疲れやすいので長時間画面を見るのにはあまり向いていません。

TN方式の液晶パネル
SAMSUNG SyncMaster 960BF-R。応答速度が非常に速くゲーム向き

VA方式

高いコントラスト比を持っており特に黒が綺麗に写るのが特徴です。
TN方式よりも良い画質のモニターが欲しいけど価格もある程度安いものがいいという人にお勧めです。TN方式ほどではありませんが視野角は狭めなので注意が必要です。

VA方式の液晶パネル
NANAO FlexScan S170黒が非常に綺麗に表現される。

IPS方式

現在発売されている液晶パネルの中で最も優れた液晶パネルです。
視野角による色合いの変化も少なく、とにかく最高の画質の液晶モニターが欲しいという人にお勧めです。性能は最高ですが、3つの中で最も高価です。

IPS方式の液晶パネル
NANAO FlexScan L997最高峰の画質を楽しめる。

画素ピッチ

モニター上の絵や文字を構成している点のことを「画素」といいます。
画素ピッチとは画素と画素の離れている距離の事を指します。
同じサイズのモニターであれば画素ピッチの数値が小さいほど画質は綺麗であると言えます。
(画素が詰まっているのできめ細かい映像になる)

最大表示色

モニター上で同時に表示できる色の数をあらわします。
1677万色表示をフルカラーと呼びます。

応答速度

画面表示の命令が出てから、映像が出力されるまでの時間のことを指します。
アクションゲームやFPSなどの動きの速い映像を表示する場合、応答速度が遅い液晶モニターを使用した場合は残像のようなものが残ってしまい非常に見辛くなってしまうのですが応答速度の速いモニターを使うとこの現象は少なくなります。

※応答速度の数値はms(ミリセコンド)という単位で表されます。
応答速度2msと応答速度10msの液晶モニターを比べた場合、2msの液晶モニターの方が応答速度が速く高性能であると言えます。

応答速度の遅いモニターだとこのような場面で残像が残り敵を狙い辛くなってしまう。

輝度

画面の明るさをあらわします。
輝度の数値が高いほど画面が明るくなります。

コントラスト比

表示画面の一番白い部分と一番黒い部分の明るさの比を言います。
スペック表では400:1というように表記されています。
この数値が大きいほど白黒の差がはっきりとしたメリハリのある映像になります。

視野角

正常な画像を見ることのできる角度のことです。
例えば視野角の数値の低いモニターに写っている映像を斜めから見ると、正面から見た時と色が違っていたり見にくくなってしまったりします。 モニターのサイズが大きいほど視野角の影響は大きくなります。

解像度

数字が大きいほど情報量が多く表示する事ができます。
推奨解像度以外の解像度を指定すると画面がぼやけてしまうこともあるので注意しましょう。
解像度によって固有の名前がついていてスペックにも記載があります。

解像度 呼名 正式名称
640×480 VGA Video Graphics Array
800×600 SVGA Super Video Graphics Array
1024×768 XGA eXtended Graphics Array
1280×1024 SXGA Super eXtended Graphics Array
1400×1050 SXGA+ Super eXtended Graphics Array plus
1600×1200 UXGA Ultra eXtended Graphics Array
2048×1536 QXGA Quad eXtended Graphics Array

 


 


周辺機器

基礎知識と選び方

動作環境

ドライバ

スポンサードリンク