トップページ > おすすめゲーミングヘッドセット

おすすめゲーム、FPS用ヘッドセット

元プロゲーマーのSIGUMAが厳選したゲーム、FPSに適したゲーミングヘッドセットを紹介します。

ゲームやFPSに利用するという観点からのヘッドホンの音質、マイク感度などの基本性能は勿論のこと、
ノイズキャンセリング機能などの装備面、価格と性能を比較したコストパフォーマンス、
さらには商品を購入したユーザーのクチコミや評価、評判なども加味したうえで、
総合的にゲーム用途としておすすめできるヘッドセットをセレクトしています。

また、一般の売れ筋ヘッドセットのランキングと比較いただくことで、
よりお探しの条件に適用したヘッドセットが見つかる場合もあります。
よろしければ以下のリンクを併せて参照ください。



ヘッドセットの価格帯によって以下のアイコンを表示してありますので、選ぶ際の参考にしてください。

: 性能重視のハイエンドモデル   \10,000 〜
: バランス重視のミドルエンドモデル   \5,000 〜 \10,000
: 価格重視のエントリーモデル   \0 〜 \5,000

プロゲーマーセレクション ゲーム、FPS用ヘッドセット

Sennheiser プレミアムゲーミングヘッドセット PC 350
重さ 300g
タイプ 開放型
インピーダンス 50Ω
再生周波数帯域 15 - 28,000Hz

Sennheiser ゲーミングヘッドセット ブラック G4ME ONE0


おすすめ度おすすめ度

Sennheiser社のゲーミングヘッドセットG4ME ONE0です。
ヘッドホン、ヘッドセットで有名なゼンハイザーが数々のプロゲーマー達との開発ノウハウを活かして開発された最強のゲーミングヘッドセットです。

ゲーミングヘッドセットの中では最高クラスの価格帯ですが、その性能も最高クラスで、 音の解像度、マイクの感度、つけ心地とすべてが高次元にまとまった究極のゲーミングヘッドセットです。マイクにはノイズキャンセリング機能が搭載され非常にクリアな音声チャットが可能となっており、ゲーム中に音声が伝わりにくいことがありません。 また、イヤーパッドが大きめに設計されており、耳をスッポリと覆ってくれるため、耳が押しつぶされて痛くなってしまうことがありません。

すべてに妥協しないゲーミングヘッドセットを探しているプレイヤーにオススメします。

LOGICOOL 7.1chサラウンドサウンドヘッドセット G-35r
重さ 400g
タイプ 密閉型
インピーダンス 32Ω
再生周波数帯域 20 - 20,000Hz

LOGICOOL 7.1chサラウンドサウンドヘッドセット G-35r


おすすめ度おすすめ度

LOGICOOL製の7.1chサラウンドゲーミングヘッドホンG-35rです。
71chサラウンド機能を搭載したヘッドホンで足音や爆発音などよりハッキリと音を感知することが可能になります。また、サラウンド効果により、通常のゲームだけでなく映画なども迫力のあるサウンドを体感することができます。

ヘッドセットのマイクにはノイズキャンセリング機能が搭載されているので、非常にクリアに声を拾ってくれます。
イヤーパッドは耳をすっぽりと覆ってくれるタイプなので耳への負担がすくなく良好ですが、ヘッドバンドの側圧が人によっては少しきついと感じることがあるようです。

本機の気になる点としては、本体重量が通常のヘッドセットよりも重いこと、イヤーパッド付近に使われているプラスチック部の耐久力が弱く、取り扱いには注意が必要な点です。この点をクリアできれば、 コストパフォーマンスの高いゲーミングヘッドセットとしてに非常におすすめできるヘッドセットです。

LOGICOOL ゲーミング ヘッドセット G230
重さ 255g
タイプ 密閉型
インピーダンス 32Ω
再生周波数帯域 50 - 20,000Hz

LOGICOOL G430 サラウンドサウンド ゲーミングヘッドセット


おすすめ度おすすめ度

LOGICOOLのゲーミングヘッドセット G430です。

上記のG35のモデルからマクロボタンなどのいくつかの機能を省くことで、購入しやすいミドルエンドとして開発されたモデルです。

機能自体は多少少なくなっていますが、それでもゲーミングヘッドセットとしてはかなりのポテンシャルを持っており、なにより注目したいのはG35より重量が150gも軽量化されていることと、イヤーカップにソフトなスポーツタイプの素材が使われいるためより装着感がよくなり長時間の使用でも負担が少なくなりました。

ミドルエンドでコストパフォーマンスと性能を重視するゲーマーにおすすめなモデルです。

Sennheiser ゲーミングヘッドセット PC 350 SE
重さ 320g
タイプ 密閉型
インピーダンス 60Ω
再生周波数帯域 15 - 25,000Hz

キングストン HyperX Cloud ゲーミングヘッドセット


おすすめ度おすすめ度

キングストン製のゲーミングヘッドセットHyperX Cloudです。
キングストンといえばメモリで有名なメーカーだったので、ゲーミングデバイスの開発に驚きました。しかし海外のプロゲーマー達の間でも人気の高いQPADと協力して本機は開発されておりかなり気合の入ったゲーミングデバイスへの参入という印象をうけました。

ゲーミングヘッドセットに必要な要素は全て満たしつつも、余計な機能を省きミドルエンドの価格に抑えられています。またマイクの取り外しや収納ポーチなどヘッドセットの持ち運びには考慮してあるのが好印象です。またイヤーカップもレザーとベロアの2種類が同梱されており好きな感触のものを選べるのもポイントが高いです。

余計な機能を省き勝負に専念する質実剛健なヘッドセットとしてミドルエンドのゲーミングヘッドセットとしてはG430と並んでオススメです。

Razer Tiamat 7.1
重さ 350g
タイプ 密閉型
インピーダンス 32Ω
再生周波数帯域 20 - 20,000Hz

Razer Tiamat 7.1 リアル7.1サラウンドサウンド ゲーミング ヘッドセット


おすすめ度おすすめ度

Razerのゲーミングヘッドセット Tiamatです。

ゲーミングデバイス専門のRazerがFPSに特化したヘッドセットとして開発されたため、通常のヘッドホンと比べ、よりクリアに足音や銃声を聞き分ける事が可能となっており、音から敵の位置を判別することが可能となっています。また、イヤーパッドのクッションが非常に厚くできていて長時間の使用でも耳への負担が少ないです。

ヘッドセット自体の設定も細かく設定することができ自分好みの音質に設定可能ですが、利用しているサウンドカード次第では性能を十分に発揮できない場合があるので注意が必要です。

FPSに特化したヘッドセットとしてオススメです。

Sennheiser ゲーミングヘッドセット PC 161
重さ -
タイプ 密閉型
インピーダンス 32Ω
再生周波数帯域 15 - 23,000Hz

Sennheiser ヘッドセット PC8 USB


おすすめ度おすすめ度

Sennheiser社のゲーミングヘッドセットPC8です。
ゲーミングモデルとして販売されているモデルではないですが、ゼンハイザーらしく音の聞きやすさやマイクでの音声入力も非常にクリアでゲーミング用途でも十分に利用できます。

イヤーパッドが小さく耳を覆う形状ではないため、長時間使用すると若干耳に負担がかかります。そのため、音楽を長時間聴くという用途にはあまり向きませんが、価格も安くゲーム用のヘッドセットの入門用としておすすめできる製品です。


周辺機器

基礎知識と選び方

動作環境

ドライバ

スポンサードリンク