トップページ > おすすめXBOX360周辺機器

おすすめXBOX360周辺機器

本ページでは、SIGUMAが厳選したXBOX360用の周辺機器を紹介します。

Kinectなどのゲーム周辺機器から、ケーブル類やヘッドセットなど、
価格や品質などの観点から総合的におすすめできる機器をセレクトしています。

プロゲーマーセレクション おすすめXBOX360周辺機器

Kinectセンサー (キネクト)

おすすめ度おすすめ度

XBOX360用の周辺機器、Kinect(キネクト)です。

XBOX360にKinectセンサーを設置することで、
対応ゲームをコントローラを使わずにゲームを操作することが可能です。

センサーの読取制度は中々のものでゲームセンターで遊んでいるかのように
体感的にゲームをプレイすることができます。

非常に革新的なものなので、是非試していただきたいKinectですが、
いくつか問題点もあります。

プレイする際に、多少の振動が起こることや、
センサーとプレイヤーとの間に2mほどの距離が必要なため,
ある程度スペースを確保できる場所でプレイすることが前提となるので注意が必要です。

上記条件をクリアできれば是非おすすめしたいゲーム機器です。

ZOOM for Xbox 360 (キネクト用レンズ)

おすすめ度おすすめ度

Kinect用のレンズアタッチメント ZOOM for XBOX 360です。

Kinectで遊ぶうえで、日本の住宅事情から最も障害となるのが、
Kinectセンサーとの距離と、プレイスペースの確保といえるでしょう。
このレンズアタッチメントを装着することで、
Kinectのプレイに必要な距離を薬40%カットすることができます。
また、ワイドレンズを利用しているため視野角が広がり、
1人用のプレイスペースで2人であそぶことができます。

Kinectをプレイするためのスペースが確保できずに
購入を見送っていた人には待望の製品といえます。

HDMIケーブル (PLANEX 4層シールド ハイスピードHDMI Ver1.4ケーブル)

おすすめ度おすすめ度

PLANEX製のHDMIケーブルです。

使っているモニターやテレビにHDMI端子があれば、
間違いなくHDMIケーブルでの接続がおすすめです。
他の接続形式と比べとにかく画質が良く、
鮮明な画面でプレイすることができます。
また、HDMIケーブル1本で音声と画質を出力することが可能なので、
配線がすっきりするところもポイントです。

HDMIケーブルも色々なメーカーから発売されており、
価格も色々な物がありますが、
PLANEXのものが最もコストパフォーマンスに優れており、
僕自身もこのケーブルを利用しています。

お使いのモニターにHDMI端子があれば、絶対的におすすめしたい接続方法です。

Xbox360 コントローラー

おすすめ度おすすめ度

XBOX360用の純正コントローラです。

XBOXにもワイヤレスコントローラはでていますが評判があまりよくないため、
僕自身も有線のコントローラを利用しています。
PS3のコントローラにくらべコントローラのケーブルが長いため有線でも特に不便はありません。

XBOX360もいまのところ他社製で良いコントローラが出ていないため純正品をおすすめします。

Xbox 360 ワイヤレスヘッドセット

おすすめ度おすすめ度

XBOX360純正のワイヤレスヘッドセットです。

純正+ワイヤレスということで少し価格は高めですが、装着感、性能ともに好評な製品で、
価格相応の性能は満たしていると思います。

快適性を求めるのであればワイヤレスのもの、価格を重視するのであれば有線のヘッドセットをお勧めします。

ゲーミングヘッドセット(Xbox 360用)

おすすめ度おすすめ度

デイテル・ジャパンのXBOX360用 ゲーミングヘッドセットです。

非常に安価な製品でコストパフォーマンスに優れますが、
価格なりに製品の耐久度などに問題がある場合があるようです。

有線ヘッドセットを利用したい場合は、 下記に記載のヘッドセット用のコンバータを利用し、
パソコン用のヘッドセットを利用することも選択肢となります。

GATE XBOX ヘッドセットコンバータ TYX-018BK

おすすめ度おすすめ度

ゲート製のXBOX360用 ヘッドセットコンバータです。

このコンバータを利用すればPC用のヘッドセットをXBOX360で利用できるため、
お気に入りのヘッドセットを利用することができます。

またXBOX360用のヘッドセットは種類が少ないため、
コンバータとヘッドセットを併せて購入することもおすすめです。

価格も安価なのでXBOX360用の有線ヘッドセットを購入するのであれば、
こちらのコンバータの利用も選択肢に入れてみてはどうでしょうか。


周辺機器

基礎知識と選び方

動作環境

ドライバ

スポンサードリンク